解体工事について

大きなビル

解体工事はその名前の通り建設物を解体する工事のことを言います。解体工事にはあまり良いイメージがないのですが、そのイメージを拭うために工事会社も日々頑張っています。

Read more

太陽光発電で有効に

地盤整理

何処にでも使っていない土地があり、最近ではこういった土地を太陽光発電に利用することで有効的に活用することが出来ます。実際土地に太陽光発電を設置する時には専門業者に依頼をしてどういったようにするか話あうことです。

Read more

有効活用を考える

工事する

賃貸住宅への敷設が有効

土地活用として太陽光発電が注目されてから3年目に入っている。太陽光発電の買い取り価格も年々下がり、単独の土地活用としては少し魅力がなくなってきている。市街地及びその周辺地域なら、これから土地活用を考えていくなら、土地に賃貸物件を建設し、その屋根に太陽光発電設置をすることを薦めたい。 住宅等には適さないが、南側の斜面の土地を有る程度保有しているなら、太陽光発電と共に日当たりを好む果物や野菜類を栽培することを薦める。これからの土地活用の基本は、活用により複数の収入源を持つようにする事が賢明だと考えるからである。 太陽光発電も確か10キロ以上の規模になると事業用として通産省に届け出て、毎年の事業報告をする必要があり、その点も予め調査しておく方がよいと思う。

信頼できるリホーム業者を探す

土地活用の一環として太陽光発電検討を検討するなら、住宅メーカー等のリホーム部門にコンタクトし、相談していくと良いと思う。土地の有効利用の手立てとして色々な提案とそれに伴う収益と採算性等をシュミレーションしてくれるので便利である。もちろん設置後の手続き、管理方法、資金調達に関する相談、関係省庁への届出等全て親切に対応してくれる。 太陽電池の性能、耐久性等のは判別には専門知識が必要であり、どうしても信頼できる相談相手が必要になる。太陽光発電装置メーカー系列より、種々のメーカー品の取り扱い経験がり、目が肥えている、大手のリホーム業者の方が的確なアドバイスをしてくれる可能性が高い。 価格、メンテナンスを含めた採算性を的確に把握した上で導入を検討していくべきであろう。

太陽光発電を設置

外壁の修理

エコ化から太陽光発電が多くの場面で活用されていて、近頃では利用されていない土地を有効的に活用する方法にもなっています。設置の際にはしっかりとした業者を選んでおくことです。

Read more